使い過ぎに注意!利用する上での注意点

自分の資産以上の買い物ができてしまう

買い物をするとき、支払いをしなければいけません。通常は現金を使うでしょう。財布の中に一定のお金を入れておき、その中から支払います。財布に支払いに必要なお金が無ければ買えませんし、お釣りなども増えて面倒に感じる時がありますが、それらを解消できるのがクレジットカードです。カードを提示するとその場で決済してもらえ、財布のお金を出す必要はありません。毎月の限度額以内ならいくらでも買い物ができます。注意としては、自分の支払える金額以上の買い物までできる所でしょう。毎月の限度額が多く設定されていると、後で支払えなくて困るなどもあります。支払いをするときには、その月にどれくらい買い物をしていくら支払いが必要かを把握しましょう。

ネットなどで購入状況を確認する

クレジットカードは現金の代わりに支払いができます。仕組みとしては、カードを提示するとカード会社にその情報が行き、カード会社が支払いの立て替えをしてくれます。後日立て替えた1箇月分の支払いの請求が来るのでその時に支払います。注意したいのは、その月の支払額を把握せずに使う使い方でしょう。使いすぎてしまう可能性があるからです。それを防ぐ方法として、ネットで買い物の状況を調べるなどがあります。カード会社のサイトには自分のカードの状況が分かる仕組みが用意されています。今月はどれくらい買い物をして、次の支払日にはいくら支払いが必要になるかが分かります。できれば買い物ごとに、少なくとも一定期間ごとに確認しておけば、使いすぎを防げます。

© Copyright Order Houses Limited. All Rights Reserved.